グリーンポプリ株式会社

1986年創業の温熱と腸内環境にこだわった専門店です

健康食品に関する理念/グリーンポプリ株式会社




2007年更新の内容です

健康食品に関する理念

健康食品と健康機器に対するスタンス

 グリーンポプリでは、健康食品や、健康機器、治療器を取り扱っていますが、健康食品や、健康機器などを使用しなくても健康なのであれば、出来る限りその方が良いと考えています。出来うる限り、食生活を正して、運動をして、精神的なストレスを無くして、休息をよくとることこそ健康の基本だと考えています。

私たちを楽させてくれるお助けグッズ

 でもそんなことを言ったって、「ほとんど理想論に近いものである。」とも考えています。皆がみんなこのような生活を出来ればいいけれども、であれば日本にこれだけ病人が居ないはず。そして私の周りを見渡してみても、こんな生活を送っている人は皆無。ということは、健康食品や、健康機器を使用してでも、そのマイナスを補わなければ皆不健康へと進んでいくということでしょう。
 それなので、健康食品や健康機器はそこまで完璧に理想的な生活を追い求めなくても、私たちを健康へと導いてくれる、お助けグッズだと認識しています。そしてそのために、皆様方に販売しています。

本物志向~よいものだけを厳選して

 健康食品にしても、健康機器にしてもよいものだけを厳選して取り揃えています。
何故なら食べ物は自分の体に、身になるものですから、一番良い物を使用したいじゃないですか。
機械ももちろん同じく。長年使用していたら、副作用が出てくるようなものは自分は使いたくないですし、人にも勧めたくはありません。安物は所詮安物。

自然に近いものを優先

 私は、何が何でも自然=善、科学・文明=悪といった、偏った考え方を持ってはいません。
それぞれの良いところをとればいいじゃないかという、柔軟な発想の持ち主です。しかしながら、食べ物と肌に関わるものだけに関しては、出来るだけ化学的な処理を避けて天然に近いものを優先しています。例えばミネラルであれば、化学的に合成したものではなくて、塩から得たものなど。

成分抽出物よりも素材を優先します

 ビタミンCとか、CoQ10、フラバンジェノール、カテキン、クルクミン、ケルセチン、ルチン、サポニン、ショウガオールといえば、成分の名前です。現代は科学も進み成分だけを抽出して健康食品にすることも出来ますが、グリーンポプリでは一貫して成分抽出を嫌います。有効成分だけをとり出すというのは、西洋医学の薬と同じ発想です。副作用があるかもしれません。グリーンポプリは素材を大切にして、カルシウムなど安全性が確認されている成分以外は、成分抽出物を極力扱わないようにしています。

純度を大切にしています/余計なものはいらない

 グリーンポプリは、賦形剤など余分な成分を極力控えた商品を重要視しています。賦形剤とは、健康食品の粉末を粒状に固めるときに使用する、いわば糊のような成分です。
粒状に固める際に必要なものですから、私は「賦形剤=悪だ」なんて簡単には思いません。しかしながら、余計な成分であれば、出来るだけ少ないほうが良いことだけは、ま違いありません。



代表取締役 社長 後藤 洋





サイト内カテゴリーリンク