グリーンポプリ株式会社

1986年創業の温熱と腸内環境にこだわった専門店です

身近な酵素/グリーンポプリ株式会社




身近な酵素

植物に含まれる酵素1

アメリカでは、「酵素栄養学」というのも流行しています。

また、生野菜の摂取が推奨されています。

そう、生野菜や生の果物には、「酵素」が含まれているからです。

酵素が多く含まれることで有名な野菜・果実もあります。

大根、山芋、パイナップル、パパイヤ、キウイ、いちじく

これらには消化酵素が含まれており、消化が良くなります。

これらは生で摂ると良いでしょう。

毎日の食生活に、添えてみてはどうでしょうか。

植物に含まれる酵素2

●大根、山芋… ジアスターゼ(糖質分解酵素)

●キウイ… アクチニジン(蛋白質分解酵素)

●パパイヤ… パパインなど(脂肪、糖質、蛋白質分解酵素)

●パイナップル… ブロメライン(蛋白質分解酵素)

●いちじく… フィシンなど(蛋白質分解酵素、糖質分解酵素、脂質分解酵素)

●さつまいも… アミラーゼ(糖質分解酵素)

これらは胃腸に良いと言われる食品ばかりですね。

動物にも酵素はあります

実は酵素が入っているのは、植物だけではありません。

私たちの体にも、生肉、生魚にも入っています。


エスキモーは生野菜は食べませんが、生肉を食べてしっかりと酵素を補っていたのですね。

動物の酵素と自己消化

皆さん「自己消化」って言葉を聞いたことがありますか?

生肉を冷蔵庫に入れずに、

常温の部屋のテーブルに置き忘れてしまいました。

そうしたらどうなりますか?

半分腐りかけて、柔らかくなりますね。

そう、自らの酵素により自らが消化されて柔らかくなるのです。

動物が死んだら、土にかえっちゃって無くなっちゃいますよね。

自己消化されたり、微生物により分解されてしまうんですね。

肉は腐りかけのほうがおいしい?

動物は死んですぐは死後硬直といって、硬くなります。

この時は肉もパンパンに硬く、おいしくありません。

ステーキを焼くときは、寝かした方がおいしいですよね。

肉は新鮮なものより、腐りかけのほうが柔らかいし、旨みも引き出されておいしいんです。

自分の持つ酵素により自己消化されだすということは、

腐り始めている訳ですから、

実は肉は腐り始めの方が柔らかくておいしいんですね。

日本は発酵食品の宝庫

こうした酵素や発酵を利用した食品というのは、沢山あります。

私たち日本人も酵素とは切っても切れない関係にあります。

「発酵食品」です。

日本の高温多湿で温暖な気候は、食品が腐りやすい。

それを逆手にとって生まれた保存食が発酵食品です。

味噌、醤油、お酒、お酢、納豆、漬物など、発酵食品は私たちの生活から離せません。

生味噌にも豊富に酵素が含まれています。

ただし、化学的にいじっていない生きている味噌に限ります。





サイト内カテゴリーリンク