グリーンポプリ株式会社

1986年創業の温熱と腸内環境にこだわった専門店です

トータルフローラ(Total Flora)





トータルフローラ

グリーンポプリ Total Flora トータルフローラ 商品画像

私たちの腸内には最新の研究では100兆~1000兆にもおよぶ、腸内細菌が棲んでいるとされています。腸の健康のために毎日500mlのヨーグルトを食べたとしても、含まれている乳酸菌は50億個程度。もし腸内細菌の数が100兆個だとしたら、2万分の1の勢力にすぎません。これでは、多勢に無勢。でももしこれが1兆個だとすると、100分の1の大きな勢力になります。最近ではバイオジェニックスの考え方にならって、「摂取する菌数の多さこそ最重要。」という考え方が広まりつつあります。しかもヨーグルトの場合、本来過剰に摂りたくない動物性脂肪や動物性蛋白質に、糖分(甘味料添加の場合)まで摂取することになります。そのためヨーグルトによる乳酸菌摂取は諸刃の剣ともいえるもので、あまり効率的とはいえません。摂りたくないものは摂らずに、乳酸菌を高濃度で補う。トータルフローラは、このような発想から生まれました。


11の特許取得=エンテロコッカス・フェカリス菌(FK-23株)

エンテロコッカス・フェカリス菌は、人由来の乳酸菌です。なかでもFK-23株は11もの特許を取得し、数多くの論文や学会発表が行われてきた実績のある乳酸菌です。FK-23株は大豆培地で培養しており、乳由来成分を含みません。


乳酸菌を摂取するだけでは不十分!
お腹の中の善玉菌を助ける難消化性オリゴ糖と
水溶性・不溶性食物繊維

もちちろん善玉菌を補うことは有益です。しかしながら私たちの腸内にも善玉菌は棲み着いているのです。彼らのエサとなるのは、難消化性オリゴ糖(キシロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖)や食物繊維(アップルファイバー)です。これらを補い、彼らの元気をサポートすること(プレバイオテクス)も、とても大切です。


3年間熟成させた75種類の国産中心植物発酵エキスの
原材料とその由来

何十種類以上におよぶ野菜・果実を、すべて国産で揃えるのは大変困難です。もしそうだとしても大変なコストがかかります。ですから野菜果実発酵エキスの多くは、中国産野菜を使用しています。従って一般的には原料の由来も表記されることはないでしょう。本品では下記のとおり、ほとんどの素材を国産でまかなっています。これら高品質素材を3年間にわたって発酵熟成させた、とても贅沢な発酵エキスです。

黒砂糖(日本)、ピーマン(日本)、ニゲロオリゴ糖(日本)、ゴーヤ(日本)、ブドウ(日本)、ビタミン菜(日本)、モモ(日本)、カボチャ(日本)、リンゴ(日本)、ニンジン(日本)、ミカン(日本)、ゴボウ(日本)、イチゴ(日本)、ブロッコリー(日本)、カキ(日本)、パセリ(日本)、ユズ(日本)、アスパラガス(日本)、キウイ(日本)、セリ(日本)、キンカン(日本)、ミツバ(日本)、レモン(日本)、ミョウガ(日本)、ブルーベリー(日本)、ケール(日本)、アケビ(日本)、大麦若葉(日本)、ヤマモモ(日本)、モロヘイヤ(日本)、ナシ(日本)、レンコン(日本)、ウメ(日本)、ウコン(日本)、イヨカン(日本)、ショウガ(日本)、イチジク(日本)、アカメガシワ(日本)、ヤマブドウ(日本)、オオバコ(日本)、カリン(日本)、クマザサ(日本)、キイチゴ(日本)、スギナ(日本)、グミ(日本)、ビワの葉(日本)、ブラックベリー(日本)、ヨモギ(日本)、冬イチゴ(日本)、大豆(米国か日本)、プルーン(米国)、ココア(マレーシア)、シソ(日本)、マイタケ(日本)、ダイコン(日本)、レイシ(日本)、山人参(日本)、シイタケ(日本)、トマト(日本)、キクラゲ(日本)、キュウリ(日本)、コンブ(日本)、キャベツ(日本)、ワカメ(日本)、ナスビ(日本)、ヒバマタ(ノルウェー)、小松菜(日本)、根コンブ(日本)、セロリ(日本)、ヒジキ(日本)、ホウレンソウ(日本)、玄米(日本)、チンゲンサイ(日本)、スイートコーン(日本)、米ぬか(日本)、デキストリン(日本)


トータルフローラ Total Floraの製品仕様

区分
乳酸菌含有健康補助食品
原材料名
フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、有機アカシラ食物繊維、エンテロコッカス・フェカリス菌(FK-23株)、75種植物発酵エキス末、シークワーサー粉末
内容量
4g×30包
製造者
グリーンポプリGG01
製造国
日本


サイト内カテゴリーリンク