グリーンポプリ株式会社

1986年創業の温熱と腸内環境にこだわった専門店です

玄米菜食の盲点(親父と末期がん)




2007年更新の記事です

玄米菜食の盲点(親父と末期がん)

伊豆にて半自給自足生活を送り今でも元気な親父

我が家は幼少時から完全玄米菜食

我が家は私が幼少時、アトピー性皮膚炎、小児喘息、蓄膿症などアレルギーのフルコースであったために、完全玄米菜食に移行しました。


親父が余命3ヶ月の末期肺がんに

私のアレルギーは小学校の頃には完治したのですが、

今から20年以上前、つまり私が高校生のとき、

親父が余命3ヶ月の末期肺がんになったのです。


完全玄米菜食だったのにどうして?

親父にとってみれば

「完全玄米菜食をやっていて、食事は完璧なはずなのにどうして?」という思いがあったようです。

グリーンポプリにも完全玄米菜食を何十年もやっていながら、癌に冒されたお客様がよくお来しになります。

そして皆さんが必ず言う言葉、

「私は何十年も食事に気をつけてきたのにどうして私が癌に?」


完全玄米菜食だったからこそ

玄米菜食をやらずに好き放題に食事を摂っていたら、

もっと早くに癌になっていたかもしれないという推測。

玄米菜食だったからこそ、今まで癌にならなかったのでは?


食事は病気のリスクの1つに過ぎない

病気は食事だけではなく、

ストレスや過労、睡眠不足、運動不足、冷えや暑さなどの外因など様々な要素に影響されるものだ。

つまり「食事を正すということは、病気のリスク回避の内の1つの手段に過ぎず、

いくら食事が良くても、運動不足であったり、過労であったりすると、当然病気になる。」

という考え方。


食事に対する考え方そのものが間違っていたのでは?

もう一つは、「“食事”というものの考え方そのものに誤りがあるのではないか?」という考え方。

つまり過剰に何を食べるか?無農薬食材などと気にしすぎて、毎日の食事そのものがストレスになっている可能性。

そしていくら良い玄米を食べていても、よく噛まずにいつも消化不良になっているケース。

いくら良い玄米を食べても、私の親父のように夜中の0時を過ぎてから食べているケース。

玄米菜食の技術が未熟で、栄養に偏りもしくは不足が長期的に生じていたケース。

当然このような状況が長期間続けば、

いくら玄米菜食を行っていたとしても、病気にはなるわけです。





サイト内カテゴリーリンク