グリーンポプリ株式会社

1986年創業の温熱と腸内環境にこだわった専門店です

腸内細菌/グリーンポプリ株式会社




腸内細菌

常在菌

 私たちの体には、皮膚にも、口にも、胃にも、腸にも常在菌が住んでいます。特に腸内に棲息している細菌のことを腸内細菌といいます。腸内細菌の数は成人になると、1000種類、100兆~1000兆個いるといわれています。 私たちは一人で生きているわけではないのです。100兆~1000兆の仲間とともに生きているのです。

善玉菌と悪玉菌

 人の腸内に住んでいて、人に有益に働く細菌のことを“善玉菌”。有害物を生産したりして悪く働く細菌のことを“悪玉菌”と呼びます。
 ところが実際、悪玉菌が本当に悪なのか?悪いことばかりをしているかといえばそれは違って、役にもたっているのです。もし本当に悪い菌だと体が認識しているのならば、免疫系によって排除されるはずです。

 人の腸内に沢山住んでいる“大腸菌”。大腸菌というと“大腸菌検査”みたいなものがあるから、非常に悪い菌の代名詞のようになっていますが、大腸菌というのは私たちの腸内で食べ物の消化に一役かっているのです。


腸内細菌の良いこと1

 例えば、乳酸菌が多くなると、腸内で多くの乳酸が産生され、腸内腐敗を防ぐとともに、アルカリ性を好む悪玉菌の増殖を防いでくれます。


腸内細菌の良いこと2

私たちは、口から摂り入れた食べ物の全てを、隅から隅まで消化吸収できるわけではありません。

全てを消化し得る消化酵素を持っていないからです。

例えば、食物繊維やオリゴ糖を消化する酵素を私たちは持っていません。

腸内細菌はそうした、私たちが消化できなかった食品をエサとして消化してくれるのです。


腸内細菌の良いこと3

 そのほか乳酸菌は有害な菌やウイルスが侵入してきた場合、排除するように働きますし、ビタミンなど人体で合成できない栄養素を作り出したり、多様な働きで私たちを支えているのです。


プロバイオテクス

 乳酸菌などの善玉菌を、口から入れてあげることです。
乳酸菌とは糖分から乳酸や(酢酸、アルコール)をつくる菌のことです。


プレバイオテクス

 乳酸菌など有益菌群を育てるエサのことをプレバイオテクスといいます。例えば、オリゴ糖や食物繊維は腸内細菌のエサとなり、乳酸菌など有用菌の生育の助けになります。




サイト内カテゴリーリンク